海外で運転するなら国際免許証

運転免許証を取得してしまっているなら、日本にいればいつでも気軽に運転することができます。しかし、海外に出るとそういうわけにもいかず、海外旅行に行くとなると交通手段が限られてしまいがちです。ところが、国際免許証を取得しておくと多くの国で車を運転できるようになります。申請するだけで簡単に取得できるものなので、ジュネーブ条約に加盟している国の中であれば運転できるのが原則なので、行き先の国が批准しているかどうかを確認した上で新世しておくと便利です。使う予定がなかったとしても、現地に着いてから観光情報を取得して行きたい場所が見つかるかもしれません。そのときの切り札として持っていくと旅行の幅を広げられるでしょう。

国際免許証を持っていくときの注意点

海外旅行を快適にするために国際免許証を持っていくと決めたら三つの注意点があります。一つ目はできるだけ早めに申請することであり、二週間程度はかかるのが基本です。二つ目として、ある程度の勉強が必要になることに留意しましょう。交通ルールは国によって異なるので、それを勉強した上で運転しないと交通違反を起こしてしまって大変な事態になってしまうかもしれません。三つ目として、日本国内とは違って通常は国際免許証は身分証明書としては利用できない点を覚えておきましょう。世界に出たときにはパスポートが唯一の身分証明書になるのが一般的であり、国際免許証はあくまで運転できる許可があると認めてもらうための証明書なのです。